大洋ホエールズ ユニフォーム物語Tシャツ(1974-1977)

型番 TU-YB01
販売価格 3,900円(税込)
購入数
サイズ

1974年、大洋ホエールズはオレンジとグリーンのユニフォームを採用した。

前年の1973年からパシフィック・リーグの数球団が鮮やかな色付けが可能なダブルニットを使用したカラーユニフォームを採用し、プロ野球のユニフォームは原色時代に突入していた。

そのブームは1年遅れてセントラル・リーグにも波及。
このユニフォームはセントラル・リーグのカラーユニフォーム第一号である。

一般にはフランチャイズであった川崎を走る湘南電車のボディカラーと同じ色なので湘南カラーのユニフォームと言われている。
そのため由来も電車から来ていると思っているファンも多いのだが、モチーフとなったのは当時のキャンプ地の静岡県で、特産品のミカンとお茶の色から採用された。

【在庫が少なくなっています】

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら